卒業式に参列し、早くも教員の気持ちになれた息子について

sDSC01657

冬休みに自分が卒園した保育園にボランティアに行った息子(中1)。

軽い気持ちだったらしいけど、

「同じことを何度もやらされるんだよなあ。足いてえ・・・・」

「なんであんなに元気なんだろ。。。」

とおっさんのようなことを言ってました。

(まあ、ついでにそのことについて新聞投稿をして掲載されていました。)

で、その子たちの卒園式に参列してきました。

帰ってくるなり、

「やばかった。泣くところだった。あんなに『遊んで遊んで』っていってたやつらが

みんな立派なんだよ。」

「やんちゃなやつほどかわいいなあ。。。。」

と感動の嵐。

昨年の息子自身の小学校の卒業式。司会の副校長先生が、開式の辞である

「只今から、平成28年度・・・」というところで無言となり、しばし沈黙が流れました。

司会が見えないところにいた私は、マイクの不調でも起こったのかと思ったら、

副校長先生、、、、泣いていたそうです。

今まで数多くの卒業式に来賓として参加していた私でも、こんなことは初めてでした。

まあ、かなり大変な学年だったから、万感の思いがあったのでしょう。

教員の集まりでこの話をすると、

「卒業式で子どもを見ると、『やってて良かった』って思って、今までのことを

全部忘れちゃうんですよ。新年度になって、また、『もう辞めてやる!』っておもうことが

何度もあるんですけどね。。。。。まったく、教員ってほんと、あの卒業式だけで

だまされちゃうんですよねえええ。ははははは・・・」

といわれ、他の先生方も、うなづいていました。

昨日までやんちゃだった子たちが、立派に卒業証書を受け取る姿。

教員や親はやはり感動ですね。

息子はすでに中1にしてその気持ちを味わうことができたなんて幸せです。。。。

ま、君が卒業証書を受け取るときは、学校中の先生が泣くだろうけどね・・・・笑

DSC01656

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る