連載第2回~月刊教職課程

kyosyoku1511_hyoshi

月刊教職課程に連載「ファッション向上委員会」11月号発売されました。

第2回は

リミッターをはずせ!

です。

先生は地味な恰好ではなければいけない。って誰が決めたのでしょうか?

テレビに出ている人は必ず「自分が見られたいイメージ」のスタイリングをしています。

ドラマは顕著です。

TシャツGパンの悪徳金融業者はいないし、

ひらひらふりふりスカートのクールビューティはいません。

悪徳金融業者はダブルのスーツにセカンドバッグ。

クールビューティはタイトスカートにきりっとしたシャツ ですね。

では、みんなから尊敬される「先生」はどういう格好をすればいいでしょうか?

答えはおのずと決まってきますね。

 

先生って本当に誤解されやすいんです。

一生懸命子どものことを考えているのにそう思ってもらえないんです。

 

もちろん見た目ですべて解決できるとは思っていません。

でも見た目で損をさせたくない。

そんな思いで書かせていただきます。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る