光輝く女性たちの物語  

DSC_4170

光り輝く女性たちの物語に取り上げていただきました。

大手総合エレクトロニクス、ITベンダーの会社役員をなさっていた

伊東千秋さんのブログで好評のシリーズです。

 

シリーズを拝見すると、グローバルに活躍している方ばかり。
それでも、伊東さんとお会いしたいばっかりにのこのこと
のんきに出かけていってしまった私って本当におっちょこちょい以外のなにものでもないですね。

リアル伊東さんは、私の想像以上に「ハードなビジネス世界」を泳ぎぎった方でした。
当時は誰も振り向かないけど今は花形中の花形!!!人工知能の部署で研究をなさっていたり、

シリコンバレーで不振部署の立て直しをなさったり。
この話がものすごくおもしろくて、アメリカと日本の時差と
ロジスティクスを知り抜いたうえでの、大々的な発想の転換。

まさに、これからの教育で身につけさせたい力「知識基盤+それを活用する大胆な発想力」を、すでに何年も前に実業界で成し遂げていた方だったのでした。

シリコンバレーでは、「リアル」スティーブジョブス(!!!)(しかもプライベート!!!!)を日常的に見かけていたそうで、、、その話だけでも大興奮でした。

まあ、ここまででもわかるように、私の物語など大したことなく、むしろ伊東さんのお話に興味津々だったのですが、私のわけのわからんインタビュー攻撃にも真摯に答えてくださりながら、私の話を聞いていくという、トップビジネス界ではなかったであろうカオスも全く平気で、
あー、まさにこういう人がこれからの日本に必要なんだよな。と心から思いました。

「21世紀スキル」とか「社会人基礎力」とか、これからの日本に必要な人材・・って新しい力のような気がするけど、結局トップに行く人の「20世紀スキル」も同じなのですね。

伊東さんは今、社外取締役をたくさんたくさん依頼されていて、これから株主総会で大忙しだそうです。その合間をぬって、すべての工程を一晩で終わらせてしまう仕事の早さもトップビジネスマンならではのスキルですね。

今度はもっと深く深くインタビューさせてくださいね☆☆

http://itochiaki.jp/senshu/?p=2085

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る