月刊教職課程5月号、特集記事の監修をいたしました

DSC05176

月刊教職課程5月号

特集1面接で必ず役立つ!

合格をつかむ 好印象のつくりかた

の監修をいたしました。

DSC_0441

 

 

 

 

 

 

 

 

私が日頃から言っている話し方はテクニックだけではだめ!

技と心を磨くことが大事。と言っていたのを知っている編集長が、

今回は心の部分も重視しましょうよ。ということになり、

印象力アップがテーマということもあって

なんと「心・技・体」+「基礎」のチェックシートも作りました。

 

DSC_0442

 

 

 

 

 

 

 

 

先生方は毎日子供のためにがんばってるのに、

心が折れてしまう先生がいらっしゃるのです。

先生の心が折れてしまったら、一番不幸なのは子供。

特に小学校は担任が途中でやめると子供はどんな理由でも

「見捨てられた」と思い、クラスがいい方向にいかなくなることが

多々あります。

なので、教採のときに、まず、どうして教員になりたいのか?

を掘り下げて掘り下げて掘り下げて欲しいと思います。

表面だけ取りつくろって採用試験を突破したって意味がない。

長い教員生活にぶれない軸をしっかり作ってほしい。

未来を担う子供を育てる職業だという自覚をもってほしい。

そんな思いがひとつになって編集長さん、編集者さんとがんばりました。

「いやあ、香月さんの『男気』に応えたいと思いましたよ」

と最後に打ち合わせ先にまで校正にきてくれた編集長さんに言われましたが・・・

男気って・・・・笑

kyoshoku_2015_04_ph011-230x326

 

 

 

 

 

 

 

モデルが思った以上のいい空気を作ってくださって

悪い服装の内田君。本当はぱりっとしていてイケメンで、第一印象は

「この子悪い例は難しいだろうな。」と思ったのですが、ばっちり。

DSC05176

 

 

 

 

女性モデルのあやかちゃんは、とにかくお肌がきれい。

悪い例でも惚れてしまうぐらいの透明感でした。

DSC05175

 

 

 

 

 

 

カメラマンの高橋さんは同年代で盛り上がっちゃいました。

DSC05177s

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る